東京メトロ副都心線の小さな旅池袋 > 池袋駅

池袋駅

副都心線「池袋駅」のテーマカラーは、白(ブラン・ネージュ)です。これは、「エネルギー×芸術の自由さ」をイメージしているそうです。


かつて池袋には、画家や音楽家などが集まり、自由に創作を行っていた「池袋モンパルナス」というアトリエの集合地域があったそうです。
そのような立地条件から、デザインコンセプトが、「エネルギー×芸術の自由さ」となり、真っ白なキャンバスをイメージした白がステーションカラーに決定されました。

白に様々な深みのブルーが織り成すさわやかなデザインが、これからの池袋の発展性を期待させます。

池袋駅

 
ベンチも白×ブルーのラインで統一され、さわやかなイメージです。

池袋駅ベンチ

副都心線の池袋駅は、地下4階にあり、都心の地下鉄の中でも最も深い部類に入ります。

ホームは西通路(東西を地下で結ぶ中央連絡通路の西側延長線上)の直下に位置しています。

池袋駅

西寄りと東寄りの2つの改札には、それぞれホームへの連絡階段・エスカレータ・エレベーターが設置されていて、ベビーカーやお年寄りにもやさしい作りになっています。

池袋駅

構内のイメージは、全体的に白で統一されており、白い円柱が印象的です。

丸ノ内線との乗り換えは、副都心線ホーム東寄りから改札内連絡通路を利用し、その他の路線との乗り換えは東寄り改札を利用すればスムーズです。

池袋駅

のりばは、5番ホームが新宿三丁目・渋谷方面 行きで、
6 番ホームが、小竹向原・和光市・森林公園・飯能方面  行きになっています。


→→次の記事→→ :  要町駅
この記事のカテゴリは  [ 池袋 ]

当サイトについてと免責事項

  • 東京メトロ副都心線の小さな旅は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

副都心線の小さな旅 メニュー

2008-2015 copyright(c) 東京メトロ副都心線の小さな旅 All Rights Reserved.